トロフィーやメダルの通販ならジョイタス

  • 会社概要
  • ご利用ガイド
  • 会員登録
  • ログイン
  • マイページ
  • 簡単リピート注文
  • カート

トロフィー、表彰メダル、優勝カップ通販はジョイタス > 球技 > ゴルフ > ゴルフコンペのトロフィーや優勝カップの文字・刻印について

ゴルフのトロフィーや優勝カップの文字・刻印について

ゴルフコンペのトロフィーや優勝カップの文字・刻印について

ゴルフコンペの幹事様にとってトロフィーや優勝カップの商品は決まったが、肝心の文字彫刻や刻印はどのように決めればいいのかお困りの方が多数おられます。ゴルフコンペでご利用のトロフィーや優勝カップをどのように使うのかによっても文字彫刻をする内容が異なります。長い年数にわたりトロフィーや優勝カップの文字彫刻デザインに携わってきたデザイナーが最低限のルールや注意点などご紹介いたします。初めてゴルフコンペの幹事になった方は必見です。

1きれいなレイアウトは2〜4行がおすすめ

ゴルフコンペにお使いの全てのトロフィーや優勝カップには、付属の文字彫刻プレートがあります。台座のサイズに応じてプレートサイズは決まっています。プレートの形は長方形や正方形と様々ですが、全サイズ共通で2〜4行ほどの文字彫刻内容が美しいレイアウトで刻印がしやすいです。一般的には、優勝やチャンピオンなど順位や表彰名が一番大きな文字サイズになります。次にゴルフコンペ名、ゴルフコース名・日付と文字サイズの優先順位がありますが、プレートサイズに対してあまりに行数が多いと文字サイズ全体が小さくなり、文字サイズの大小やバランスが非常に難しくなります。よって、文字サイズの大小がつけやすい行数にするようにしましょう。

ゴルフコンペの文字・刻印の読みやすい例




文字に強弱がついて読みやすい

文字の大きさが@優勝Aゴルフコンペ名Bゴルフコース・日付の順番で優勝の文字が非常に読みやすくとてもきれいなバランスになります。英語が混ざることが多いゴルフコンペのトロフィーや優勝カップでは特に注意すべき点です。

ゴルフコンペの文字・刻印の読みにくい例




文字に強弱がなく読みずらい

可能な範囲内で文字サイズの強弱はつけれますが、全体的に同じサイズ感になりますので、文字がずらっと並んでいる印象になります。よく見ないと内容が読みづらいため、行数や文字数を少なめにすることがきれいな文字彫刻レイアウトにつながります。

2ゴルフコンペの文字彫刻内容の基本
一般的な彫刻文字の順番はあるの?

ゴルフコンペにお使いの全てのトロフィーや優勝カップには、付属の文字彫刻プレートがあります。台座のサイズに応じてプレートサイズは決まっています。プレートの形は長方形や正方形と様々ですが、全サイズ共通で2〜4行ほどの文字彫刻内容が美しいレイアウトで刻印がしやすいです。一般的には、優勝やチャンピオンなど順位や表彰名が一番大きな文字サイズになります。次にゴルフコンペ名、ゴルフコース名・日付と文字サイズの優先順位がありますが、プレートサイズに対してあまりに行数が多いと文字サイズ全体が小さくなり、文字サイズの大小やバランスが非常に難しくなります。よって、文字サイズの大小がつけやすい行数にするようにしましょう。

一般的な文字彫刻例

文字彫刻の順番 実際の文字彫刻例
1行目 ゴルフコンペ名称 第15回 ジョイタスカップ
2行目 順位・表彰名 優勝
3行目 日付 2030年4月20日
4行目 ゴルフコース名 於 ジョイタスカントリー倶楽部

※ゴルフコンペ名が長い場合は、回数や区切りのいい箇所で改行するとバランスよく刻印が可能です。目安は、1行10文字前後とお考えください。
※ゴルフコース名が長い場合は、「○○C.C.」などと略すことも一つの方法です。

ゴルフコース名の前につける「於」とは?

於(おいて)とは、様々な意味がありますが、ここでは"場所"を示す前置詞の意味を果たします。「於 ジョイタスゴルフ倶楽部」というと、「ジョイタスゴルフ倶楽部に於いて開催された」という意味になります。「於」がなければ、ジョイタスゴルフ倶楽部が主催しているという意味にもなりますので、ゴルフコースや開催場所の前には「於」をつけましょう。

持ち回り・取り切りで文字内容は違う

ゴルフコンペでは優勝者によってトロフィーや優勝カップを持ち回りで使う場合と、毎回の優勝者に渡しきってしまう取り切りの2種類があります。持ち回りでは、ゴルフ場や日付が毎回異なるため、ゴルフコース名や日程の刻印は行いません。一方取りきりでは、いつ・どこで優勝したのかがわかるようにゴルフコース名や日付を刻印することが多いです。ただし、必ず刻印しなければいけないわけではないので、梅雨時期や台風時期などでは、雨天延期になるケースがあるので、状況に応じてお決めください。

持ち回りのゴルフコンペ記念品用彫刻・刻印例

持ち回りのゴルフコンペ記念品

ゴルフコンペや大会名と表彰名・順位のみを彫刻する場合がほとんどです。主催団体・企業が同じであれば、3行目に刻印が可能です。※優勝者名やペナントリボンに記載してトロフィーや優勝カップに結んで名前を残していきます。

取り切りのゴルフコンペ記念品用彫刻・刻印例

取り切りのゴルフコンペ記念品

ゴルフコンペ名や大会名、表彰名・順位はもちろん、記念に残すアイテムですのでコース名や日付も刻印します。今後も同一の方が優勝される場合も考えて、出来るだけレイアウトは毎回同じにすることで優勝者にとってきれいに飾っていただけます。

レプリカ用には優勝者氏名を刻印してあげよう

ゴルフコンペのトロフィーや優勝カップを持ち回りでお使いの場合には、前回の優勝者から返却いただく際にレプリカトロフィーや優勝カップを代わりに贈呈します。その場合は、もちろん優勝者名やゴルフコース名、日付が分かっているので、レプリカ用の記念品には出来るだけ細かく刻印してあげましょう。

3ロゴマーク彫刻を使って高級感アップ
一般的な彫刻文字の順番はあるの?

社内や企業主催のゴルフコンペの場合、限られたご予算の中でトロフィーや優勝カップを選ぶ必要があります。ただし、少しでも高級感やオリジナル感のある表彰記念品にしたいと誰もが思うはずです。その場合は、文字彫刻プレートにオリジナルロゴマーク彫刻をすることで商品をハイグレードに見せることが出来ます。
※詳しくは>>コチラ(オリジナルロゴの彫刻について)をご確認ください。

ゴルフ用オリジナルロゴ彫刻
ゴルフコンペにおすすめしたい文字彫刻のまとめ

いかがでしたでしょうか。
トロフィーや優勝カップに刻印する文字彫刻も大事な商品のひとつです。文字彫刻次第で商品をさらに高級に、かっこよく見せることができます。ゴルフコンペの景品・商品選びは幹事を任された方の大事なお仕事の一つになりますので、幹事の皆様のお役に立ててください。

ジョイタス5つのお約束

電話アドバイザーへ電話:0120-946-100